ホーム  >  有効活用提案

有効活用提案

この土地、この不動産何しようか?

不動産を所有されている地主様、企業様、日本全国各地でこのお悩みを持たれている方が急増しています。

固定資産税の税負担増

固定資産税の増税、相続税の基礎控除の減額等により土地は持っているだけでは
“負”動産になる時代に入りました。

わかっていても不動産事業は多額の費用と長期経営となるため、そう簡単には何かを始める気には
なりません。

土地の面積や将来の目的によって

アパート経営
マンション経営
コンビニ経営
ロードサイド店舗
スーパー商業施設
介護施設

事業の選択は変わっていきます。

対象地が市街化区域か調整区域かによって建設協力金によるリースバック方式、事業用定期借地権など提案方法は限定されていきます。

土地の面積によっても単独事業か複数地権者による共同事業かによってコンビニ、ロードサイド店舗、複合店舗、商業施設等に選択が広がると共に資産価値が上がり坪単価も高く評価されることになります。

また、相続税対策の効果を出す目的であれば土地に建物を乗せて土地の評価を下げる対策を取ります。資金がある場合、資金がない場合によっても事業の提案方針が変わっていきます。

個の資産に合った運用、個の資産を確実に残す節税対策など固有である事を事業計画にしっかり反映させる提案こそコンサルタントの使命です。

ページトップへ